高血圧予防の食事について
2017年3月9日

高血圧の予防には、塩分を摂り過ぎないことが一番のポイントになります。

男性は一日8g未満 女性7g未満血圧が高めの方は6g未満を目標に塩分を減らしていきましょう。

 

~食事のポイント~

◇  うまみを利用する 

   昆布・干ししいたけ・削り節などの旨味は塩分を少なくすることができます。

◇ 酸味や香辛料を利用する

   レモン、ゆず、などの酸味やハーブ、にんにく、ねぎ、唐辛子などの香味・辛味は塩のかわりに味を引きしめ、減塩につながります。

◇  麺類の汁は残す

   麺や汁にも塩分が含まれます。

   中でもラーメンは塩分量が多く6gにもなるため汁を残すことで塩分を減らすことができます。

◇  味にメリハリをつける 

   一品は普通の味付けにし、他を薄味にすると食事全体の満足度が高まります。

◇  野菜や果物を多く摂る

   野菜や果物に含まれるカリウムが血圧の上昇を抑えます。

   ( 腎機能が低下している方はカリウムの摂り過ぎに注意して下さい )

 

 

高血圧はサイレントキラーとも言われ、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因となります。生活習慣や食生活に気をつけて予防しましょう。


医療法人社団 大同会
ニュー琴海病院

〒851-3213
長崎県長崎市琴海形上町
1849-7

TEL. 095-885-2016
FAX. 095-885-2017

【診療受付】

午前 8:30-11:30
午後 13:00-16:30

【休診日】
土曜午後, 日曜, 
祝日, 年末年始